逆レイプ 

レイプとかってよくあるけど、婦女暴行とかね。これって男が女を力ずくで否応なしにやっちゃうことですが この逆バージョンが逆レイプ。
つまり、信じられないことに男ではなくて女が男を犯しちゃうって事。
そんあ事ありえないって思うのだが、可能にするには、2つの問題があるわけで。

1つは、そんなエッチな淫乱女子がいるのかって!
普通に考えていないでしょう。まず。
もう1つは、レイプと言うからには、「嫌がる相手を力ずくで犯す!」 って事だから 腕力に劣る女が男を力でっていうのは、考えにくい。

以上2点から女が男を犯すって事はありえない事、として認識される。
ところが、である。 そんな事をやってのけてしまう男女が実在しているのだよ。
事実、次の法案でもレイプ行為を男性に限定した法律ではなくて女性にも適用されるものになっている。
この事は重要な事実だから、しかと胸に刻んで置くこと。

Mな男にとっては、ねがったりだね!



待望の強い女達

フル勃起 で街を歩いているとそこへ 恐ろしく強い女がソレを発見。にやりと不敵な笑みを浮かべておさまらないイチモツを 軽蔑しつつも、恐れず接近して、腕を掴み、押し倒して、上着をやぶき、ズボンを下ろし、パンツを引きちぎる 野獣のような女。
そんな女を待望しているのでありますね。
勃起したイチモツを確認して、エッチな気分に陥ってしまったのですから仕方ない。強ければ大抵何でもできるものなのだ。 所詮、この世は老若男女、弱肉強食の世界。